花を贈ってプロポーズしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女に花を渡してプロポーズをするとき、どんな言葉を添えれば彼女が喜んでくれるか、イメージしてみましょう。ストレートに伝えられるのが好きな女性、優しく彼女の気持ちを尊重するように言われるのが好きな女性など、いろいろなタイプがいます。
また、普段のあなたのキャラクターや彼女へのふるまいなども考慮に入れてセリフを考えます。普段のキャラクター通りのセリフなら彼女は安心するでしょうし、反対に普段のキャラクターとは違うイメージのセリフであれば、あなたの意外な一面を見られたことで彼女のときめき度がアップするでしょう。例えば、普段はしっかり者の彼女が主導権を握っているカップルであれば、頼りがいのある男らしいセリフだと意外性があり、サプライズになります。
どんな言葉であっても、まずはあなたの気持ちを真心を込めて彼女に伝えることが大切です。

定番のプロポーズの言葉は?

定番のセリフは、やはり「結婚しよう」「僕の妻になってくれませんか」「この先も一緒にいよう」など、ストレートなものです。彼から素直な気持ちを伝えられると、彼女も素直に心からの返事ができるでしょう。
これらの言葉に、自分の彼女への気持ちをプラスしても良いでしょう。例えば、「生涯をかけて大事にするよ」とか「ともに幸せになろう」「世界で一番愛してるよ」など、誓いの気持ちを普段言えない特別な言葉に乗せれば、プロポーズがより一層盛り上がります。また、「いつも笑顔の家庭を築いていこう」「これからもずっと支え合おうね」「僕を信じてついてきてくれ」など、これからの将来でこうありたいという未来像を感じさせる言葉を添えるのも良いでしょう。
花を渡すなら、花言葉にちなんだセリフを入れるのも素敵です。「この赤い薔薇の花言葉のように、君を愛しています」と言葉を添えれば、とてもロマンティックなプロポーズになります。

照れ屋の人は遠回しなセリフも

直接的な求婚の言葉には抵抗があるという、照れ屋の男性も少なくはないでしょう。直接的な言葉ではなくても、少し遠回しな言い方でプロポーズをすることは可能です。ただし、あまりにも遠回しすぎると彼女にプロポーズだと気付かないこともあるので注意してください。万が一気付かれなかった場合は、少しストレートな言い方でもう一度伝える必要があります。
婚姻届を渡して、「ここに署名をしてほしい」と伝えれば、間違いなく求婚であると伝わるでしょう。「今度の休みに親に紹介したい」「君の花嫁姿が見たい」なども、さりげないプロポーズのセリフとして使えます。

ピックアップ記事

花を通販で用意してプロポーズしよう

プロポーズに使う花束やフラワーギフトは、花屋さんに頼んで用意することもできますが、時間がなくてお店に行くことができない人には、ネット通販サイトを利用するのもおすすめです。ネット通販では様々なプロポーズ...

花を贈ってプロポーズしよう

彼女に花を渡してプロポーズをするとき、どんな言葉を添えれば彼女が喜んでくれるか、イメージしてみましょう。ストレートに伝えられるのが好きな女性、優しく彼女の気持ちを尊重するように言われるのが好きな女性な...

プロポーズに花を贈るときの素敵な演出

プロポーズで花を渡すとき、どのような演出をすれば彼女が喜んでくれるのか分からないと悩む男性は多いです。彼女に普段からサプライズ演出をしない人、演出することが苦手な人なら、余計に悩んでしまうポイントでし...

プロポーズに使うならこんな花がおすすめ

プロポーズの際に彼女に贈る花は、こだわって選びたいものです。彼女のイメージや彼の想いを表現するために、色や形だけではなく花言葉にも注目してみましょう。難しく考えず、良いと思うものを直感的に選んで大丈夫...


コンテンツ

カテゴリー